WiFiルーターで使うのにおすすめのau格安SIMはどこ?

WiMAXやワイモバイルだけでなく、格安SIMをWiFiルーターで使う方法が最近人気が出ています。人気の秘密とおすすめのau回線の格安SIMをご紹介します。

WiFiルーター+格安SIMはいつでもやめられる

WiMAXは2年契約、ワイモバイルは3年契約をする必要があります。始める前からやめることを考えるのはアレですが、契約期間内に解約してしまうと一律で違約金が発生してしまいます。

対して格安SIMは音声通話SIMでなければ契約期間の縛りが無いので、いつやめても大丈夫です。短期間の利用や新サービスがでたらすぐに乗り換えたい人にとっては嬉しい仕様です。

auのエリアで使えるから繋がりやすい

WiMAXはWiFiキャリアで一番人気ですが、残念ながらエリアが狭いです。これは単純にエリア化している範囲もそうですが、たとえエリアマップでエリア内となっていても建物内に入ると圏外になってしまうことが多々あります。周りにWiMAXユーザーがいらっしゃれば一度聞いてみればわかるわ~と言われると思います。

WiMAXもハイパワー仕様になったり、機種によってはauのエリアでも使えるオプションがありますが、残念ながらauエリアで使うにはオプション代金として月額とは別にプラス1,005円がかかります。

WiMAXの月額料金4,380円に1,005円が乗っかると毎月5,000円をオーバーしてしまいます。光回線と変わらない金額になるので、お得感は無くなってしまいます。

auの格安SIM利用なら月700円から始めることができます。

格安SIMをWiFiルーターで使う上でデメリットは?

デメリットはWiFiルーター本体の代金がかかってくることです。セット購入の分割払い以外ではすべて初期費用が高くついてしまいます。

格安SIM利用ではWiFiルーター調達方法は2つあります。

1.自分でオークションやAmazonでWiFiルーターを用意する

WiFiルーターを購入しなければならないので、初期費用としてWiFiルーター代が必要です。WiFiルーターの相場は大体2万円前後となっています。

2.WiFiルーターとセットで契約する(一括もしくは分割)

SIMの契約と一緒にWiFiルーターを申し込むのが簡単です。ただし、分割払いで購入するとSIMには契約期間はありませんが、分割代が残っているうちに解約すると残りを一括で払わないといけません。一括払いでの購入はオークションやAmazonなどと比べて若干高い傾向があるので、あまり一括払いで購入するメリットは無いです。

auの格安SIMで使うにはどこがおすすめ?

間違いなく今ならmineoがおすすめです。一見するとUQmobileの無制限プランに惹かれるかもしれませんが、理論値でも500kbpsが最大なのでWiFiルーターとして使うにはスピードが足りません。UQmobileはプランが2種類しかなく、高速LTEが使えるプランは月の容量が3GBまでとなっているので、足りない場合はわざわざ追加料金を払って容量をチャージしなければいけません。

mineoは最大で10GBまでのプランがあるので、自分の使う量に合わせてプランを選ぶ事が可能です。翌月反映になりますが、プラン変更も何階でも無料でできるので、たくさん使う月、あまり使わない月があった場合でもコストを抑えることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です