固定回線もauを使おう!auひかりの魅力を徹底リポート!

UQモバイルやmineoを使う理由にauで契約したスマホを使いたいからを挙げる人は多いと思います。

ドコモの格安SIMではauスマホを使うことはできないので、SIMフリースマホを新たに購入しないといけないので、初期費用が高くなって格安SIMのメリットが無くなってしまいます。

そんな、生粋のauユーザーのみなさんは自宅のネット回線は何を使っていますか?もしかして、NTTのフレッツ光を何も疑問を持たずに使ってはいませんか?

このページでは光ファイバーのauひかりの魅力と代理店キャンペーンについてリポートしています。

auひかりはフレッツより安くて速い

魅力はシンプルにフレッツ光より安くて速いです。ただ、NTTの電柱を間借りして回線を引いているので、フレッツより回線工事ができるエリアがかなり狭いという弱点があります。

フレッツもコラボ光で大分安くなっていますが、それでもauひかりの方が500円~1000円ほど毎月安くなります。他にもフレッツ光の工事費無料のキャンペーンが無くなってしまったのに対して、auひかりは工事費と同等額を毎月の料金から割引してくれるキャンペーンがあるので、現在フレッツ光を使っている人でも実質負担0円で乗り換えることができます。

あとはmineoやUQモバイルの料金は安くなりませんが、auと契約しているスマホやタブレットの料金が2年間毎月最大で2,000円安くなります。格安SIMは実測やサポート面でちょっと……という人にもお得になるチャンスです。

auひかりの代理店は本当にピンキリ

プロバイダが行っているキャンペーンと代理店のキャンペーンと2種類あります。

基本的に代理店のキャンペーンはプロバイダと併用可能なので、プロバイダに直接申し込むよりお得になるケースが多いです。

ただ、代理店のキャンペーンは本当にピンキリで、特典の適用条件にオプションを一杯加入しないといけなかったり、受け取るためのハードルが高かったりするところもあります。

反対に優良代理店のキャンペーンはオプション不要のネット回線のみで高額キャッシュバックを行っていたりするので、ちゃんとした代理店を見つけるのがなにより大切です。

とは言ってもたくさんある代理店の中から良い物を見つけ出すのは一苦労です。そもそもネットに詳しくない人ではキャンペーン条件の意味を理解するのも難しいです。

そこで、私が実際にauひかりに申し込んだ時に大変参考になったページをご紹介します。代理店ごとに条件が一目でわかるので代理店選びに役立ちました。少しでも興味を持った方はぜひご覧ください。

参考:auひかりの代理店キャンペーン比較

au回線の格安SIMで使えるiPhoneの機種やiOSバージョン一覧

au回線の格安SIMをiPhoneで使う時には気をつけないといけないことがあります。

それはiPhoneの機種やiOSのバージョンやSIMタイプです。機種によってiOSのバージョンをアップデートするとデータ通信が利用できなくなったりします。

また、契約時に選ぶSIMのタイプによってもデータ通信が使えないことがあります。iPhoneに合ったSIMのタイプは2種類あって、普通のnanoタイプとサイズはnanoですが、auのVoLTEに対応しているものがあります。※mineoではauVoLTEと表記されていますが、UQmobileではマルチと表記されています。

iPhoneで利用予定の人は事前に必ずチェックしておくことをおすすめします。ちなみにiOSのバージョンの確認方法は設定→一般→情報にすすんでバージョンの右に表示されている数字です。

iPhone機種対応表

機種名SIMタイプmineoUQmobile備考
iPhoneSE SIMフリー版1.auVoLTE
2.nano
1.○
2.○
1.○
2.データ通信のみNG
iPhoneSE au版nano未発表
iPhone6s Plus SIMフリー版1.auVoLTE
2.nano
1.○
2.○
1.○
2.データ通信のみNG
iPhone6s Plus au版1.auVoLTE
2.nano
1.○
2.○
1.○
2.データ通信のみNG
iPhone6s Plus ドコモ、ソフトバンク版1.auVoLTE
2.nano
1.○
2.○
1.○
2.データ通信のみNG
SIMロック解除が必要
iPhone6s SIMフリー版1.auVoLTE
2.nano
1.○
2.○
1.○
2.データ通信のみNG
iPhone6s au版1.auVoLTE
2.nano
1.○
2.○
1.○
2.データ通信のみNG
iPhone6s ドコモ、ソフトバンク版1.auVoLTE
2.nano
1.○
2.○
1.○
2.未発表
SIMロック解除が必要
iPhone6 Plus SIMフリー版1.auVoLTE
2.nano
1.未発表
2.○
未発表
iPhone6 Plus au版1.auVoLTE
2.nano
1.未発表
2.○
1.未発表
2.データ通信のみNG
iPhone6 Plus ドコモ、ソフトバンク版1.auVoLTE
2.nano
未発表未発表SIMロック解除が必要
iPhone6 SIMフリー版1.auVoLTE
2.nano
1.未発表
2.○
未発表
iPhone6 au版1.auVoLTE
2.nano
1.未発表
2.○
1.未発表
2.データ通信のみNG
iPhone6 ドコモ、ソフトバンク版1.auVoLTE
2.nano
未発表未発表

ご覧の通りmineoと比べてUQmobileはSIMの種類によっては電話はできてもデータ通信が使えないことがあります。格安SIMを通話メインで使う人はあまりいないと思いますので、間違えて申し込んだ場合はauのVoLTE対応のマルチSIMに変更しなければいけません。UQmobileでSIMの変更には3,000円の手数料がかかります。

あと、UQmobileでiOS9搭載のiPhoneを使っていると動作が不安定だという口コミが多いので、私的にはmineoをおすすめします。

iPhone5s以前の機種はOSアップデートに要注意

機種変更して使わなくなった昔のiPhoneや家族からいらなくなったiPhoneをau回線の格安SIMで有効活用する場合は要注意です。

iPhone5s以前の機種は原則的にiOS7.1.2までは使えますが、OSをアップデートして8や9にしてしまうとデータ通信が使えなくなってしまいます。

OSが古いままですとセキュリティ面で不安が残りますが、アップデートしたら文鎮化することになるのでご注意を。

WiFiルーターで使うのにおすすめのau格安SIMはどこ?

WiMAXやワイモバイルだけでなく、格安SIMをWiFiルーターで使う方法が最近人気が出ています。人気の秘密とおすすめのau回線の格安SIMをご紹介します。

WiFiルーター+格安SIMはいつでもやめられる

WiMAXは2年契約、ワイモバイルは3年契約をする必要があります。始める前からやめることを考えるのはアレですが、契約期間内に解約してしまうと一律で違約金が発生してしまいます。

対して格安SIMは音声通話SIMでなければ契約期間の縛りが無いので、いつやめても大丈夫です。短期間の利用や新サービスがでたらすぐに乗り換えたい人にとっては嬉しい仕様です。

auのエリアで使えるから繋がりやすい

WiMAXはWiFiキャリアで一番人気ですが、残念ながらエリアが狭いです。これは単純にエリア化している範囲もそうですが、たとえエリアマップでエリア内となっていても建物内に入ると圏外になってしまうことが多々あります。周りにWiMAXユーザーがいらっしゃれば一度聞いてみればわかるわ~と言われると思います。

WiMAXもハイパワー仕様になったり、機種によってはauのエリアでも使えるオプションがありますが、残念ながらauエリアで使うにはオプション代金として月額とは別にプラス1,005円がかかります。

WiMAXの月額料金4,380円に1,005円が乗っかると毎月5,000円をオーバーしてしまいます。光回線と変わらない金額になるので、お得感は無くなってしまいます。

auの格安SIM利用なら月700円から始めることができます。

格安SIMをWiFiルーターで使う上でデメリットは?

デメリットはWiFiルーター本体の代金がかかってくることです。セット購入の分割払い以外ではすべて初期費用が高くついてしまいます。

格安SIM利用ではWiFiルーター調達方法は2つあります。

1.自分でオークションやAmazonでWiFiルーターを用意する

WiFiルーターを購入しなければならないので、初期費用としてWiFiルーター代が必要です。WiFiルーターの相場は大体2万円前後となっています。

2.WiFiルーターとセットで契約する(一括もしくは分割)

SIMの契約と一緒にWiFiルーターを申し込むのが簡単です。ただし、分割払いで購入するとSIMには契約期間はありませんが、分割代が残っているうちに解約すると残りを一括で払わないといけません。一括払いでの購入はオークションやAmazonなどと比べて若干高い傾向があるので、あまり一括払いで購入するメリットは無いです。

auの格安SIMで使うにはどこがおすすめ?

間違いなく今ならmineoがおすすめです。一見するとUQmobileの無制限プランに惹かれるかもしれませんが、理論値でも500kbpsが最大なのでWiFiルーターとして使うにはスピードが足りません。UQmobileはプランが2種類しかなく、高速LTEが使えるプランは月の容量が3GBまでとなっているので、足りない場合はわざわざ追加料金を払って容量をチャージしなければいけません。

mineoは最大で10GBまでのプランがあるので、自分の使う量に合わせてプランを選ぶ事が可能です。翌月反映になりますが、プラン変更も何階でも無料でできるので、たくさん使う月、あまり使わない月があった場合でもコストを抑えることが可能です。

mineoの料金プランやオプションや特徴を詳しく解説

ここではmineoのスペックやオプションについて解説しています。

mineoの特徴

mineoは最大の特徴は音声通話SIMでも契約期間の縛りが無いことです。データ専用SIMで縛りが無いのはどこでも当たり前ですが、音声通話SIMは基本半年から1年の契約期間があります。それが、mineoではどのSIMを選んでも縛りが無いのです。

一応縛りが無いと言っても、ある条件下で解約してしまうと違約金が発生します。それは音声通話SIMを契約して1年以内に他社へMNPしてしまうという条件です。ちなみに11,500円が違約金としてかかります。MNP特典を用意しているサービスが多いので、違約金が無いとすぐ契約してMNPで出ていかれる人が続出してしまうので、mineoとしては仕方ない仕様と言えます。

格安SIMをはじめてみたいけどちゃんと速度は出るのか不安で試してみたい、短期間しか使わないけど通話機能も欲しいという人にmineoはおすすめです。

mineoの料金プラン

 500MB1GB3GB5GB10GB
データ専用SIM700円800円900円1,580円2,520円
音声通話SIM1,310円1,410円1,510円2,190円3,130円

mineoはUQmobileと比べて料金プランの種類が多いので、使い方に合ったベストなプラン選択が可能です。ちなみに、mineoではau回線以外にもドコモ回線利用のDプランが存在します。当然ドコモ回線利用なので、auのスマホやタブレットでは利用できないことが多いので注意が必要です。

使い切れなかったデータ容量は翌月まで繰り越し可能です。また、使用量の確認はマイページから簡単にできます。残容量が少なくなったらメールでお知らせすることも可能です。

月の途中で容量を使い切ってしまうと月が変わるまで速度が200kbpsまで低下してしまいます。別途100MBごとに150円で元の速度に戻すことができます。

mineoでは家族でまとめたり複数持つともっとお得に

格安SIMサービスでは珍しい家族割や複数回線割があります。家族割は最大5回線まで適用可能で、1回線につき50円が毎月割引されます。家族割はmineoのマイページからのお申し込みが必要です。複数回線割も最大5回線まで適用可能で、1回線につき50円割引されます。複数回線割は自動適用されるので、こちらで手続きする必要は一切ありません。

あmた、mineoでは自分のデータ容量を分け与えるパケットギフトや同一住所内のユーザーで使い切れなかったデータ容量を翌月に分け合えるパケットシェアがあります。

mineoのオプションサービス一覧

  • 三者通話サービス(月200円)
  • 迷惑電話撃退サービス(月100円)
  • お留守番サービスEX(月300円)
  • 着信転送サービス(無料)
  • 割込通話サービス(無料)
  • 番号通知リクエストサービス(無料)
  • ボイスメール(無料)
  • ウイルスバスターモバイル(月270円)
  • メールウイルスチェックサービス(月200円)
  • 端末安心サポート(月370円)

端末安心サポートはmineoで端末購入時のみ加入できる補償サービスです。万が一落としてしまった時や水没時にもしっかり補償してくれます。

また、ウイルスバスターと端末安心サポートが一体となったmineo安心パックが月550円で加入できます。別々で加入するより90円お得になります。

auの格安SIMサービスに関する通信制限比較

格安SIMを使う上で気になることは使い過ぎによる通信(速度)制限です。各プランごとに原則ひと月に使える通信容量を決まっています。上限を超えれば通信速度が月が変わるまで低下してしまいます。また、別に3日間の総通信量に応じた制限がある場合もあります。ここでは、条件ごとの通信制限の内容をまとめて比較しました。

プランごとの上限を超えた場合の通信制限

 mineoUQmobile  
速度制限時の通信速度最大200kbps最大200kbps

どちらも一般的な200kbpsまで速度が低下します。この速度まで落ちてしまうと普段のネット使いでも支障が出るレベルです。

また、UQmobileの無料通話がついたプランである「ぴったりプラン」では上限到達後の速度低下は300kbpsになります。ただ、こちらも200kbpsと比べて体感的に大きな差はないレベルです。

制限を解除して元の速度に戻すためのオプション料金

追加容量mineoUQmobile
100MB150円200円
500MB-500円

月が変わるまで待つことが難しい場合はそれぞれ追加で容量を購入して元の速度に戻すことができます。

もし、万が一追加購入したデータ容量を当月中に使い切れない場合は、mineoは翌月まで、UQmobileはチャージしてから90日間有効なので、使い切れないことは無いと思います。

現状UQmobileのみ3日間制限あり

3日間で3GBを超えると速度が制限されます。具体的な制限速度は非公表となっています。

ただ、UQmobileは月3GBまでのプランと無制限といっても速度が500kbpsのプランしかないため、月3GBの基本プランを使う人は特に気にする必要は無いです。

影響があるとするなら無制限(500kbps)でダウンロードメインで使う人になるでしょうか。かなりレアなケースなので個人的には気にする必要は無いレベルの制限内容だと思います。

通信制限で比較するならどちらがおすすめ?

正直、どちらか一方が圧倒的に緩くてもう一方がキツイということも無いです。

昔は3日間で1GBだったUQmobileの制限も3GBに緩和されたため、ほぼ優劣は無いです。

制限で比較してどちらが良いか決めるよりかは料金や契約期間で比較するのをおすすめします。